大切な資格

こどものワークブック

簿記は、企業の経理部門や個人で商店などの経営などにおいても、経理の実務をする上で必要となる資格です。各地の商工会議所の主催で検定試験が行われています。 その中でも、簿記2級の試験に合格することは、商業簿記と工業簿記の知識を得たということです。 しかし、実際の検定試験はとても難しいため、しっかり勉強をしなければ合格することはできないのです。 試験は、120分という時間内に商業簿記と工業簿記の問題を解きます。問題は、全部で5問出題され、1問20点となります。合格点は、70点以上の正解で合格となります。 合格率は、毎回の試験の結果によって変わってきます。合格率よりも、確実に70点以上の点数をとれるように勉強することが大事となります。 経理の学校の簿記2級講座に入学して勉強する方法や、通信講座など自分に合ったスクールを選ぶとよいでしょう。

簿記2級は、商業簿記と工業簿記から出題される試験です。高校の商業科の学生でも、簿記2級に合格することはとても難しいものです。 スキルアップや転職のためなどで、簿記2級を勉強しようと決めたときは独学もありますが、講座を選んで勉強することはとても有効な勉強方法です。 通学できる経理の学校があれば通うこともよいでしょう。学校によって費用は変わりますが、最初から勉強する場合と、問題だけ解いて解説を受けるという受講方法などがあります。 また、試験日に合わせて開講されるコースなどもあります。 仕事が忙しいという人や近くに学校がないという人には、ネットスクールや通信講座などがあります。 ネットスクールは、動画で受講したり、問題集をダウンロードする方法があります。 ネットスクールの費用は、教材がついて4万くらいからあります。問題集だけであれば2万から3万くらいとなります。 自分に合った講座を選び、合格を目指したいものです。